あなたの歯を強くする Dentistry

奥歯の長き治療を大阪の歯医者で

上側の奥歯を最初に大阪の歯医者へ行って治療をしたのが中学時代の13歳頃ですが大まかに歯を削って、その部分に銀歯を詰め込みましたので一先ず治療が終わりましたが数年後18歳頃に銀歯が取れてしまい奥歯に穴が開いた状態になってしまいましたが私は歯医者嫌いなので、そのまま放置していると更に数年後に奥歯が痛み出して、堪らず歯医者へ行ったら奥歯を更に削り穴を広げて白い詰め物をしてくれましたが私はてっきり治療が終わったと思い込んで歯医者には行きませんでしたが、それから12年の月日が流れて30歳に治ったと思っていた奥歯が物凄く痛くなり大阪の歯医者へ行った所、治療途中である事が判明しました。
治療途中で長く放置した事により、今回の治療はかなり難航をするとの話で歯を削る時の麻酔が中々効かず3本の注射でも効果がなかったので奥歯の穴の中心に直接麻酔針を刺して猛烈な痛みを体験してしまいました。
その後に歯のそこに長期間溜まり続けた膿を少しずつ掻き出す作業を繰り返す為に何回も大阪の歯医者へ通い続けてようやく奥歯が完治しましたが大部分が銀歯になってしまい幸いなのが奥歯である為目立ちにくくて良かったです。虫歯を放置するだけでなく定期的な検診が必要だと長期に渡る治療を経て教訓になりました。

イチオシ

親知らずの処置が行える大阪の歯医者

親知らずの処置が行える大阪の歯医者は、一般歯科もしくは口腔外科において行われています。一般歯科というのは、所謂歯医者さんの事を言い、虫歯や歯周…

もっと読む

大阪の歯医者への通院について

日頃から3か月毎には歯医者で受診をしてケアしていますが、私が通う大阪の歯医者は予約制でしかも10分刻みで待たせることなく診療してくれるので行き…

もっと読む

妊婦検診は何故必要なの?

妊娠をすると大阪の歯医者で検診を勧められます。何故大阪の歯医者で検診を受ける必要があるのか。それは妊婦の口内はトラブルが起きやすくなっているか…

もっと読む